息子たちに伝えるハハオヤの日々雑記

将来、息子たちが今の自分と同じ30代になった時に知ってもらいたい、自分の日々雑記を淡々と。名言などではなく、今、保育園児の子供たちが自分と同じ30代社会人になった時、「当時母はこんなこと考えてたのか」と知ってもらえれば。

20180520 今の時代に”最適な”丁稚奉公という制度

【振り返りと明日以降念頭におくこと】
・真剣に人生に取り組んでいる人に対してはこちらも真剣に向き合うこと
・「~しなければならない」道はない。目指す高みにより道の険しさが違うだけ
・気概では物事は進まない。必要なのは虫の眼、魚の眼→一気に鳥の眼まで視野を広げる冷静さ

 

【本題】
昨日は、木工家具の匠を2年かけて育成するための専門学校を見学。
本日は伝統工芸士の仏師の方に仏像堀りを習いました。

 

双方に共通している考えは「良い匠を育てるためには、技術だけでなく人間性
育てる必要がある」ということ。
そこに甘えはありません。
確かに、高みを目指すには「丁稚奉公」のような機会は必要なんだろうなと、納得も。

 

一方、個人的にずっとひっかかりを感じていたこと。
匠を目指すためには丁稚奉公という手段はとても有用だということは
理解できる一方、
今の若者達で心身ともについていける人はいるのだろうか…
そしてもはや、丁稚奉公という方法は一昔前の教育方法として、
受け入れづらいものになってはいないだろうか…というところ。

 

けれどもまさに今、研鑽中の若者に「なぜこの道を選んだのか?」と聞いた時の
彼の返答がすっと腑に落ちました。

「色々な工房を見て回ったけれど、どこも生活することに必死で
そのために技術を磨く機会が削られていると感じた。
言い方は悪いけれど、生活の心配をせずに技術を徹底的に学べる場として
ここは最適だった」。

あぁきちんと今風の、合理的な判断でこの道を選んだんだなと。
気概だとか根性だとか、そういった気持ちの部分だけに引っ張られず
冷静に、自分の道を選んだということについて納得がいきました。

そしてそういった人たちが丁稚奉公という手段を選んでいるのであれば
まだまだ、この人材育成の手段は有用なものであるのだろうな、とも。


最後におまけとして書くと。
とはいえ、学ぶ側も教える側も真剣勝負の数年間。
こんなにも人生に真剣に向き合っている職人方と関わることが
できる私達ミドルウェア層(工芸業界のマーケットを広げる
役割をする人たち、という意味)も、
自分の役割を全うするために、より高みを目指していかなければ
彼らに対して失礼だな、と。
そしてその丁稚奉公期間は、自分の場合は誰がやってくれる訳でなく、
自分で自分を高見につれていく環境を設定しよう、と。

 

ということで。
今、自分がやるべきことに
より自分の時間体力を集中していくために、
また本日、幾つかの事項を手放しました。

20180519 大人の修学旅行というオフの場

【今日の振り返り】

(振り返りと、明日の行動を変えるメモ)

1.罪悪感は必要以上持たない。罪悪感=単なる自分への慰め

2.人がいない時間帯に行動することはチャンスにつながる

3.休む時は休む。結果的に最大のパフォーマンスを出すことに繋がる

 

【本題】
昨日は年次総会のことを一部ネガティブに表していましたが

実は、オンの場(オフィシャルな場)が終わった後の

オフの場がとても有意義だったりします。

 

何か言うと

年次総会、というお勉強会の後、

懇親会(名刺交換会…自分はネットワーキングを

目的としていなかったので不参加)があり、

その後、気の合う人、話をもっと深めた間柄での

居酒屋での飲み会があったり。

そこでは堅苦しいことは抜きに

それぞれが今向き合っている課題をそれはもうダイレクトに語り、

率直にその解決策を議論しあう場となっていました。

実際、自分が参加した飲み会でもその様な様子が

繰り広げられていました。

そしてその様子を見て一つ感じたこと。


地域創生、が世間で声高に騒がれる様になり

大分時間が経ちました。

しかしその一方、

地域課題に真剣に取り組む人たちが

「ノンオフィシャル」で繋がる場、集う機会は

実はあまり無いのではないかと。

例えば今回、自分の知り合いで、滋賀で伝統工芸の振興を

テーマに活動しているクリエイターが初めてこの年次総会に

出たのですが、彼らはノンオフィシャルな飲み会で、

まさに今、彼らが直面している課題に

明るい専門家を見つけたと言っていました。

その出会いのチャンスは、お互いが腹を割り

率直にそれぞれの課題について話し合い、

ダイレクトに「助けを借りたい」と

その場で声をあげたから成立したことだと感じます。

そんな場は…いま、どこにありましたっけ?

そしてその場、機会を誰がつくることができましたっけ?

…という話です。

 

そしてこの「ノンオフィシャル」で繋がる場…今回の場合、

工芸関係の年次総会ですが…これはある意味

「大人の修学旅行」でもあるなと感じました。

年一回、工芸を切り口に各地域で奮闘している人たちが、

年に1回、年次総会を口実に集まり、それぞれの地域課題

のこと、解決方法のこと、解決に必要なスキルを持つ人を探す場。

そして1年後、互いの進捗報告をする場。

地域課題に前向きに真剣にかかわる人達ばかりなので

1年という期間で彼らは当時直面した課題に対して

彼らなりの解決策をもって取り組んでいたりという

動きがあります。そして、新たな展開について話し合うことが

できます。

 

今回も、自分としても刺激と、今直面している課題に

ついての解決方法のヒントと、新たな宿題と…

と色々なものを頂きました。

この経験は得難いものがあります。とても貴重です。

 

1年後、また彼らと会うときには

自分も目の前の課題を解決して

新たなステージにあがっていますように。

みなさん、お疲れ様でした。

 

※ブログを書く上での個人メモ

・文体を変えました。その方が、違和感無く書けそうなので。

・文章量が多く、起承転結でまとめるのに苦労します。

 かといって、文章が引き締まっている訳ではなく…。

 土日はいいが、平日はこの文章量は難しい。

 理想は分量少なく、キリっと引き締まった文章。

 これは日々書いていく中で経験を積んでいくしかないな、とも。

 

20180518 外の場に身を置いて思ったことなど

【今日の気づき、明日以降の行動で意識したいこと】

1、違和感を感じたら、その感覚を信じる

2、現場で直接、自分の眼で見て感じることがやはり一番強い

  (なので、そこで感じた感覚は信じること)

3、やりたいことは、声に出す+大事なのはタイミング。機を捕まえる。

  機会損失の代償は大きい

 

【本題】

本日、伝統工芸関係のメーカーが集まり、工芸業界の課題や

将来像について話し合う年次会議を聴講するため、飛騨高山まで来た。

今、自分の日々の仕事が山積みな中、このために時間を裂くべきか

ギリギリまで悩んだけれども…

最近、広い視野が保てていない感覚もあったので、

強制的に目先の仕事とは関係のない場所に身を置くことにした。

一旦俯瞰することで、今の仕事の状況や課題解決の方法も良く分かるはず、と。

 

結論。

聴講の機会を持つことができて良かった。その理由は2つ。

 

一つ目。

まず狙い通り、自分の目先の仕事の様子を俯瞰することができた。

年次会議では伝統工芸業界の話が主ではあるものの、発言者それぞれが

一企業の経営者でもある為、会社経営での課題に話の内容が及ぶことも多く。

各社の経営課題を聴講している中で、自分が解決したい業務課題などにヒントを

得ることができた。(ちなみに今、自分にとっての最重要タスクは、

社内の経理財務面の業務フロー確立&収支算定高度化。

そしてバックオフィス部門の業務確立。)

二つ目。

本年次集会は、伝統工芸業界にて売上高、生産量、利益率ともに業界トップを

走っているメーカーが集い結成した協会が運営しているもの。設立2年目。

1年目は協会自体の運営は、はた目から見て順調そうに見えていた。

しかし今回、協会会員のメーカーの顔ぶれなどから推測するに、

恐らく、協会運営は一つ節目を迎えようとしているのではと感じた。

なんと表せば良いか…協会会員社長の出席の少なさ

(当該社内の他役席者の代理出席が割と多し)、

協会キーパーソンの不在、年次会議内容が一部物足りなさもあったりと

(とても興味深い話と、そうでないものがはっきり分かれる)、

以前、年次会議を聴講した時との差が違和感となって強く感じられた。

運営について色々と課題が出始めている頃なのではと推測。

 

ここで特に気になったのは

会員企業社長の出席の少なさ。

最悪の場合、現時点で積極的に社長含めて参加している企業も、

他社の様子を見ているうちに消極的になる可能性もあるかもしれない…と。

一方、協会運営としても手をこまねいている訳ではなく、

協会側から会員企業に、会員であるメリットを明確にコンスタントに

見せていこうと、色々と動きを加速している様子はありそう。

会員企業の心が離れるのが先か、その前に協会が手を打っていくか…。

協会運営側はどのような戦略で行くのだろうな…と個人的には興味深く

思いながら聴講をしていた。興味深いので、今後も外から定点観測

していこう…。

 

 

そしてそんなことを思いつつ、

本協会の取組は、自分が将来叶えたい目標に現時点で最も近い動きを

している様に見えたので、期待もしていた(今もしている)けれども…

やっぱり、「目標は自分の力で叶える」ということも改めて感じたり。

どこかで他人の力をアテにしていた部分もあるかもしれないなと。

自分の力で叶えるためには道のりは遠いけど、まずは今目の前の仕事を

一つ一つ片付けることだな、と、

ぐるぐる考え続け、遠いところまで考えがいったあとに、

原点に戻った…本日は、そんな一日。直感を使ったのと頭を使ったのと。

意外とバランスは良かったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

20180517 ブログを書くことにした理由

【20180517 本日の振り返り】

1、自分の気持の中で、「わだかまり」や「何か気になり続ける事項」が

  あるなら、まずは『やる』こと。深く考えるのは始めてからでも十分間に合う

2、1日のPDCAはこまめにやる。その日の終わりにまとめてやろうとしない。

  絶対、日中に起こったことは全て忘れて、まともにPDCAできなくなるから

3、今日やろう、と決めていたこと。簡単なはずなのになんだか躊躇してしまう

  ことこそ、まずその日の朝にやってしまう。

 

【本題】

なぜブログを再開しようと思ったか。

それは以下3つの要素が最近までずっと、自分の中でくすぶっていたから。

①やっぱり、文章を書きたいと思った。日々の生活の中でのふとした気づきを

 アウトプットする場所が欲しいと思った

②今の自分は、くらしの時間の多くを仕事に費やしている。

 それは好きでやっているのだけど、5歳3歳のムスコ達に、

 「仕事は楽しいもんだよ」というメッセージを伝えたいという気持ちも

 大いにある。で、その手段として文章として残したかった

③今の自分の状況を俯瞰する手段がほしかった

 

①~③を踏まえると、やっぱりブログが一番かなと。

でも1つネックだったのが、過去、自分がブログ始めたとき、

書く内容、文体などについて迷いに迷ったりと色々モヤった体験。

だから再開するとき、過去のブログ体験での反省要素を分析して、

その対策まで考えることで再発防止策になると思った。

 

といことで早速の分析。

自分がブログが続かなかった理由…多分以下3つ。

①ブログを通じて何かを伝えたい人が明確でなかった。不特定多数。

②毎回の文章の組み立てを決めていなかった。というよりそもそも組み立てとか

 言うまえに、目的もなく日々のことを垂れ流していた

③多分、書く内容について周囲の目を気にしすぎていた。かっこつけたかった

 

だから今回はスタートから、

対象読者を決めた、

書き方のルールを決めた(&更新頻度を決めた)、

変にかっこつけようとするのをやめた(淡々と、書くだけ)。

 

あと一番意識するのは、気張らないこと。

「毎日更新頑張るぞ!」とか思わない。(毎日書くけれども)

自分の場合は、気合でなんとかする、という力ワザで解決してしまおう

というところに意識が向きがち。

でも人の意識については、自分も含めて、信じて良い部分と

信じない(アテにしない)方が良い部分がある。

なので、書く際のルール決めをすること。そして頭を使わなくても良いように、

そのルールというレールの上に乗っかって、あとは書くことだけに集中する。

とにかく、日々のことを、淡々と。自分の身の回りでおきたことを俯瞰して。

 

ということで、ブログ書き始めることに。

どうだろう、この文章自体、ちゃんと起承転結となっているだろうか。

本当は、はてなブログという場を利用せず、

まっさらな状態でひっそりブログを始めようと思った。

誰にも気づかれないように。(だって対象読者は20数年後のムスコ達だから)

でも細かいところは気にしてるとまた動きが遅くなるから。

まずはやり続けながら考えていこうと思う。

 

ということで、今、隣のソファーで寝ている長男へ。

君たちが今の自分くらいの歳になった時に、どんな体験をしていたか、

どんな気持ちで日々くらしていたか書くことにしたよ。

「おかあさん、頑張ってた!」ということを伝えたいんじゃなくて

「日々もがいてたんだな。要領悪いな。自分だったらもっとうまく

やれるのに。」とかの感想でいいから、当時のハハオヤの

等身大の姿を知ってもらえれば嬉しいなと。何かの足しになるかなと。

君たちが30歳すぎになる20数年後、自分は50代。

そのころには、30代のころの話なんて、生き生きと語れないだろうから。

20180517 ブログ開始(再開)とこのブログを書くうえでの目的を再設定

ブログを始めます。というか、再開します。

自分への決め事は以下。

 

①対象読者は、約20数年後いまの自分と同い年になる予定の

 子供たち(20180518時点で5歳3歳男児

②毎日更新する。更新時間も固定する

③文章は起承転結で記載する

④淡々と日々のことを書く(かっこいい事を無理に書こうとしない)

⑤毎日の振り返りを3つ書く

 

以上。

ご報告。このブログ、更新止めます。

 

そもそも最近ほとんど更新をしておらず
意味のなさないもの化していたのですが…ひとつの区切りとしてのご報告です。

理由は3つありました。

 


このブログを始める際の目標=自分の中であった、発信することへの抵抗感を無くすこと を達成したこと。
 

次の目標=文章の質を上げたい について、文章を書く良い場所を見つけたので、そこでとにかく量をこなすことに力を入れようと思っていること。

新しい場では、せっかく取り組むなら何らかの分野で極めたい。分かりやすい目標で言えば、一位を取りたい、と思います。
おまけで宣言すると、将来書きたいのは「美しさと温かみと、研ぎ澄まされた言葉」によって作られた文章。素晴らしく理想に近い方がいるので、その方みたいになりたいな…と。そして文章の内容も、自分の気持ちを吐き出すようなものでなく、誰かの血肉になるものを。

 


何か小さなことでも、気持ちを変えることがしたかったこと。
これが一番大きい理由かもしれません。

すこしエピソードを語ります。

最近、体調を崩して実家に籠っていた知人に会いました。
彼女と自分には似ているところも幾つかあったので、気にもなっていました。

会って、少々ショックを受けました。
憔悴どころではなかった…生気の無い人間とは…こういうものかと。
元気だった彼女を知っていたので、今の姿とのギャップを更に感じもしました。

今の彼女は、安心して眠り、食べ、休むことができる場所にいるので命の心配をする必要は無いのが良かった。彼女とは必要なことを話して、別れました。

 

彼女と会い、会話した時間はそう長くは無かったのですが、
この経験を通して、幾つか思うことがありました。

・生気の無い状態…に陥る状態、その世界は、いつも自分の背中と隣り合わせで存在しているということ。 正直、彼女と今の自分を分けたのは何か…何かが掛け違えば、彼女と同じ側に行っていたかもしれない。

・マイナスの状況である人から受ける影響は、思った以上に大きい、ということ。 正直、気持ちが引っ張られる、と一瞬怖ろしさを感じました。

 

だから何か、新しいことをして気持ちの区切りをつけたかった。
次に進む実感を持ちたかった…というところです。

 

発信することは引き続きやっていきます。文章も発信も、量をこなしていくことは続けていきたいけれど、やり方考えていきます。そして発信の質。

ある程度書けるようになってきたらまたどこかで、ブログを再開するかもしれません。


余談。
彼女と会った事で多少、感傷的な思いに浸っている一方…
この経験で気づいたり感じたことは、今後の企画に生かせるな…と頭の隅で思っている自分は、やはり成長に貪欲だな、とも少し思ったり。

 

そして彼女に一言。多分、この文章を読んではいないと思うけれど。

まずはゆっくり休んでください。自分もいつ動けなくなるか…それは分からないので、ごめん、先に行かせてもらいますね。また元気になったころに飲みましょう。

5年後の「パーフェクトな自分」に向けた質問に答えてみる。

知人から、面白い宿題を出してもらいました。

これに答えると、その人のひととなり、が良く分かるそうです。

 

以下内容。

↓↓↓

5年後の自分―「最高の経験を積んだ、パーフェクトな」自分を

まず、思い描いてみてください。

その上で、以下に質問に答えてみてください。

 

・この5年のハイライトは何でしょう?

・どんな障害を乗り越えて来たのでしょうか?

・そこに至るまでに、どんな試練があったのでしょう?

・その試練を乗り越えるために、拠り所となったものは何でしょう?

・あなたが様々な経験を通して新たに得たものは、何でしょうか?

・心の中にしっかりと持っていた情熱は何でしょうか?

・この充実した5年を振り返ってみると、根底には何か全ての経験に

 つながる糸のように基盤となるものがあるとしたら、

 その基盤となるものはどのようなものでしょう?

↓↓↓


少し考えないと答えられなさそうな質問ばかり。

でも普段、日々の雑多なことに流され、

目の前のことに捉われがちな事も多い最近、

この質問の回答を考えることで、ふっと目線をあげることができそうな。

 

この質問を貰った時、

「スピード感を持って答えるのも大事だけれども、

あれこれ頭の中で考えること、そのプロセスを楽しむことも大事」と、

一緒にアドバイスをもらいました。

 

面白そうと思った方、是非、気分転換にやってみてください。