イノベーション・クリエーションに必要なことを考えてみる

工芸/民藝の世界をイノベ―ションするために、色々思いついたり考えたり気付いたことをアウトプットするブログ。自分自身のイノベ―ションやクリエーションに役立ちそうなことも時々書きます

30,40代の自分が50代の自分の市場価値を決める、という話。

備忘録。

 

ある人の投稿より。

以下引用。

 

「50歳代は、実は仕事を選べない。世の中が自分に選んでくれた仕事、要請した仕事しかできない。」

ビジネススクールの先輩の言葉。どういう仕事が要請されるかは、30歳代、40歳代の自分しだいだ、と。

逆説的な表現だけれど、仕事=世の中に価値をもたらすもの=世の中に要請されたものだと思うと、極めてまっとうなお話。

若いうちは、提供できる価値が小さくても将来ポテンシャルを見込まれて仕事のチャンスが頂けた。50歳代は、将来ポテンシャルを見込まれてのチャンスではなく、今ここで提供する価値を世の中は期待する。

 

引用終わり。

 

つまり30代の自分は、

いまやっぱり頑張らんといかんね、って思った話。

 

そして確かに

自分が尊敬しているある50代の方は、仕事を自分で選んでいるように見えて…実はその方が30,40代で積み上げてきた実績を見て、周囲がそのキャリアに沿った仕事を依頼されている…と分かる。

 

自分の場合、得意なこと、苦手なことがかなりはっきり分かれていて。

一方、自分の最終ビジョンから逆算すると、恐らく苦手分野の強化が必要で。

やりたいことも色々とあって。

 

努力の方向性がより狭められるともっと楽な気もするんですが。

でもまだまだ経験値が必要なことだけは理解してます。今はまだ、決める必要はないのかな…。

とだけ、呟いてみました。