息子たちに伝えるハハオヤの日々雑記

将来、息子たちが今の自分と同じ30代になった時に知ってもらいたい、自分の日々雑記を淡々と。名言などではなく、今、保育園児の子供たちが自分と同じ30代社会人になった時、「当時母はこんなこと考えてたのか」と知ってもらえれば。

マルチタスクからシングルタスクへの移行結果(途上)。感想。

自分にはいつか仕事をご一緒したい方が何人かいます。

 

その方たちが築いてきた実績も標榜している思想も人柄も、とても尊敬しています。

そしてその方々は例外なく、着実に実績を積んでこられた様子があります。

彼らの足元はしっかりしていて、提案する内容、提供する価値はクライアントからの全幅の信頼を得ているような。

彼らと一緒に仕事をしたいし、自分も彼らのようになりたいと思っています。

 

一方我が身を振り返ると。

まだまだ足元はおぼつかないし、勢いで仕事をこなしてきたり、マルチタスクをこなし続けることで業務エラーが起きない様に担保しつつ、何とか今までやってきたような…。

着実さとは程遠く、腰を据えて取り組む姿勢をきちんと身につけたいと思っていました。

しかし、いつまでも自分のやり方ではこの先通用しないと危機感を抱く一方、彼らの様になるにはどうすれば良いのだろうか…やり方が分からない…と悩んでもいました。

 

ですが最近。

仕事一つ一つに腰を据えて取り組んだ結果。

目先を捉え、やるべきことだけに集中をしてみたら、ほんの少しだけ…亀の歩みですが、仕事に手ごたえを感じる瞬間が増えてきました。

 

いま、自分の中では今までに無いくらいバッサリとやること・やりたいことを減らして数少ない物事に注力するように心がけています。

そうしたところ、本当に小さなことばかりですが、トライして数日で幾つか効果が出てきました。物事への自分の理解も進みが早くなったり。

正直こんな早く、効果を感じられるとは思ってもみなかった。こんなおいしい実が得られるならば、長年続けてきた自分の習慣を変える価値は十分あるなと。

 

いままでマルチタスクが実生活でも仕事上でも常に求められてきたので、従来の習慣を変えるのはかなり難しいです。まだまだ、試行錯誤中。気を抜くと以前の自分に戻ってしまいそうなので注意は必要…。

けれどもこの姿勢は習慣化したいと思います。

 

あと、自分がようやくこの新しい姿勢に舵を切れたのは、自分の最近の状況を見て、ご忠告くださった上司や大先輩方がいたからでした。

言うにはまだ、早すぎるかもしれませんが、この場を借りてお礼を。ありがとうございます。

 

そして。

ぼんやりとですが、尊敬している方々も、こうやって力をつけてきたのかなぁ…とも思いました。なんというか、着実に足元に道が広がる、この感覚。掴みきりたい。

 

最後に一つだけ、悩みどころなのが。

新しい姿勢を身につける時には徹底的に、一か月前など期間を決めて、習慣化するまで仕事でも私生活でも取り組むことにしているのですが(そう決めて取り組んだ方が効率的)。

 

自分の肥やしになってきたと思っている、本の乱読やら情報収集をする時間と、その習慣との両立が悩ましいです。

 

やるには徹底的に、のタイプなので、うまくまだバランスが取れてません…。その時間さえも、新しい習慣づくりに捧げてしまう。

が、視野はあくまでどんな時でも、広く遠くまで見渡す意識だけは持っておきたいので。

 

自分にとっての良い習慣をうまく残しつつ、新しい姿勢を身につけていきたいのですが…バランス…難しい…。